今日は金曜日だったんだ
空丸

月が綺麗だ 否、美しい そんな時ぼくはどん底だ
早起きした 街は待機している ぼくは寝不足だ

きょろきょろしながら手を引かれて歩いていた
犬の散歩と同じだ ただ母の手だった
なぜ こんな幼い頃の一コマを思い出すのか

きょろきょろしながら欠伸をし歩いていたからか
何も変わっていない そんなことを気付かせるために
わざわざ 母の手をこの世に戻したのか

何がぼくに起こっているのだろう
どん底にも見放されたのかもしれない


自由詩 今日は金曜日だったんだ Copyright 空丸 2021-03-18 20:25:10縦
notebook Home 戻る