(こころ 穏やかに)
田中恭平

こころ
穏やかに
すっきりして
かつ
内に
黄昏を
孕んでいそう

こんな良い日は
そうそうない
いちにちを
ふりかえってみれば
気になることの
塵(ちり)、もない

やっと正気とはなにか掴んだぞ

ひさびさ
シャワーではなく
湯船に浸かった
気づいたことは
痩せすぎている
ということ
ごめんね、じぶん
労われないで
ごめんね、ごめんね
もっとじぶんを大切にしたい

蜜柑
を食べて
喉の渇きを
癒しました
うん
黄昏を
孕んでいそう
・・・こころ

 


自由詩 (こころ 穏やかに) Copyright 田中恭平 2020-10-28 20:31:47縦
notebook Home 戻る