(海、)
田中恭平

海、
と云えば
苦しい
のイメジ
しかしなかった
のは
今年もおんなじで
だからパラソルは開いておいて、
冬まで

溺れていたのを
救われたのだし
でもなんで救われたのか
なんで救われるのは難しいのか
考えると
夜も眠れないから
羊を数える、
3555匹

舟だった
好きなのは舟だった
いま
清水港は大混雑
荷物はとどかない、
らしい
イメジ
できる?
自分が解雇されるところ
わたしはできない
信じなければ生きていけない

煙草を喫わなくなって
いちにちが長くなって
考えている



自由詩 (海、) Copyright 田中恭平 2020-10-03 16:17:47縦
notebook Home 戻る