なんでもない夜の戯れ
帆場蔵人

窓を叩いていますのはだれでしょう
だれでもありません、星明かりです
星明かりではありません、月明かり
月明かりでもありません、家守です

家守の足跡追いかけてだれが歩いて
いくのでしょう、カタカタ、家鳴り

家鳴りと家守がしまい忘れた風鈴と
戯れると風がますます強くなります


自由詩 なんでもない夜の戯れ Copyright 帆場蔵人 2020-09-25 01:17:16縦
notebook Home 戻る  過去 未来