マサイ受難曲 〜その華麗なる原住民の世界
森田拓也

 油断すると大人になっちまう

         ── Grapevine



ところどころ昨日きのふの色の四葩よひらかな

梅雨晴れや鳥迎へ空映す川

梅雨の寺渡れば優し木橋の

気が付けば種てんこ盛りさくらんぼ 🍒

サクランボ片仮名で書き喜ぶ児 🍒

暑き日やキュッキュッと鳴く茶の氷 

初蟬や誰もぬ道ふり返る

つなぐ手を離し短夜の夢終る

この時期はマスクして狩りマサイ族 🏹

族を追ふパトカーの音蠅叩はへたゝき 🛵🛵🛵🛵🚲 ← 🚓











俳句 マサイ受難曲 〜その華麗なる原住民の世界 Copyright 森田拓也 2020-07-09 21:16:55縦
notebook Home 戻る  過去 未来