昼の星の夢
水宮うみ

光速で飛ぶのを止めた星の粒

小説のなかへ帰っていった夢

ひかりが眠たそうにうとうとしている

あの人と何度もおなじ窓で会う

あなたとの日々を回した錯視図形

ふるさとの星へときみが合図する

あの夢のように言葉が吹いている



川柳 昼の星の夢 Copyright 水宮うみ 2020-05-16 17:54:41縦
notebook Home 戻る  過去 未来