春景に立ち
帆場蔵人

風が強いから洗濯物を追いかけて
綿毛が背中を撫でていく、さよなら
踏みぬいてしまいそうな青い草地を
蛙が春へと飛んでしまったから

ひとりきりで立ってます

スイカズラの甘い蜜を分けあって
いたのはまだ、雛鳥だったころで

朝陽のたびに同じ太陽に手をかざして
庭の草葉の陰で死んでいく鳩を看取った
あそこにはほら、綿毛をなくした、花

それでも、花、でしょう

壊れてしまっても万華鏡はきれい
クルクルとまわりながら温かな洗濯物を
抱きしめて後ろ向けに、落ちていく

懐かしい春という春の風のなか
ひとりきりの、みじかい、旅路で
私の手にはまた皺が刻まれた


自由詩 春景に立ち Copyright 帆場蔵人 2020-03-28 15:16:24縦
notebook Home 戻る  過去 未来