さんぽみち
森田拓也

散椿ちりつばきまばらになりて地に遊ぶ

草若し一歩一歩にこたへたり

遠足やかつに整ふ黄の帽子

児が母にぶらんこ押され一人旅

背を合はせしやがんで土筆つくし摘む児かな

恋猫やあちこちで名の変はる野良のら

春かなし不恋人ふれんどといふ喫茶店 💔

立ち上がり仔馬近づく青空に 🐎





俳句 さんぽみち Copyright 森田拓也 2020-03-05 15:59:34縦
notebook Home 戻る  過去 未来