明日の行方
ミナト 螢

叶わなかった人を呼ぶ名前に
瞼を腫らす涙が
膨らんだ蕾のような思いを
逆さまにしたままぶら下がってる
まつ毛の上の蜃気楼に
擦り抜けてしまう人の身体を
いつかは触れて覚えていたいよ
永遠という言葉よりも近い
明日は何をしても倒れずに
瞳に光を送り
まだ知らない歓びのために
瞬きの間で生まれ変わる
行方を訊いてくれる人がいたら
レジの中からお釣りを渡して
ゆっくりと話す言葉の先で
戦車が回るほど選んだ道に
一目で会いに行くのだろう


自由詩 明日の行方 Copyright ミナト 螢 2020-01-22 08:11:59
notebook Home 戻る  過去 未来