硝子のてんとう虫は凍空を飛ぶ

だだっ広い雪原の片隅
柏はカラカラと葉を震わせ、
息苦しさを覚えるほどに白い小径を
雪焼けした子供たちが駆けていく。

 チリリ
    チリリ

  チリチリ
      チリリ

風の子を追うように一斉に飛んだ
きらめきが朝一のバスを待つ列を包みこんでいる。


自由詩 硝子のてんとう虫は凍空を飛ぶ Copyright  2020-01-21 21:22:42縦
notebook Home 戻る  過去 未来