コーラス #09
田中恭平


けさは涼しい
というより
とても寒かった
燃えた
燃えた
燃えたものたちが
凍りついて
少しやさしくされて
笑ってしまった
今日は大切な儀式をしようと
早々帰ってきた

ホットコーヒーを飲んで
ほっとしたまま
脳はくすりで操作
されているから
こころで文章を書いた
とうめい
なようで
少しバタ臭い
青い
と言おうか
青白いわたしを
反映していた

出掛けなきゃならないし
会いにいかなくてはならないし
見学しなくてはならないし
時間は
いつも
足りない
有限である
あと一歩
踏み出したら
踏み外しそうで
こわいよ




自由詩 コーラス #09 Copyright 田中恭平 2019-10-07 09:11:28
notebook Home 戻る