よすが
ひだかたけし

緑の木葉が揺れている
私は大きく息をする
一人の孤独なわたくしが
初秋の大気を思い切り
吸い込み、黄金の日輪のなか
自らの不安定さをのりこなす
よすがを必死に探している

広がる雄大な空の下
宇宙に繋がる剥き出しの
魂の姿を想像しながら










自由詩 よすが Copyright ひだかたけし 2019-09-20 15:22:14縦
notebook Home 戻る  過去 未来