平和な日々
若ン乱

大事なガラクタなくなっちゃった
あくまのかけらが霧散した

風船ひゅるひゅる抜けてって

泣き疲れた絶望が
すやすや寝息を立てる頃

諦めという
とろけるほどの優しい吐息をあげよう



腐りたての無感情

絞りに絞っただしがらへ
腐敗なら、匂いがたのしみに
砂漠なら、枯渇がたのしみに


未熟すぎる鮮色に

死に死を続ける稚樹達へ
白紙なら、幻滅がたのしみに
夢なら、蜃気楼がたのしみに


けれどここには何もない
あるのは平和な日々だけ……


自由詩 平和な日々 Copyright 若ン乱 2019-09-19 18:42:52
notebook Home 戻る  過去 未来