2019年登山道除草記録
山人

8/24
体調の不安がある中、請け負った仕事はやるしかないと腹を決め出掛ける。
保久礼から旧二分キャンプ場までの歩程30分程度のコースだ。
だいぶ前に砂防堰堤の工事用道路だったと思われ、道は広い割にススキの穂が垂れ下がり、手間取った。
不快な体調とやりくりし、なんとか3時間超で保久礼到着。
慣れないスマホで完了写真を撮り込む。

8/25
やはり体調不良の中、守門岳布引きの滝登山道の除草を開始した。
1時間半ほど作業し、わずか10cmほどの狭い岩場を作業していたら、刈り払い機の刃が岩にあたり、異物が目に入ってしまった。強烈な痛みで、作業どころではなく、なんとか片目でやっと登山口まで戻った。
その後、妻の運転で急患外来へ行き、異物を除去してもらった。眼球の黒目のところに金属の破片があったとのことだった。
未だに左目は少しぼやけていて、乱視がかってしまっている。

8/31
浅草岳ネズモチ登山道の除草を開始した。
やはり体調は良くなく、果たしてこの大変な業務を終わらせることができるだろうか?あるいはこの病で、作業中に息絶えてしまうのか?そういった不安に打ち勝つことなどできようもないが、取りあえず作業は進んだ。
午後から、一層体調は良くない傾向にあったが、覚悟を決め目的に場所まで終わらせようと作業した。

9/1
この体調不良は過大なストレスと、8/21のクロスズメバチ3匹同時襲撃や、飲酒過多などが原因だろうと勝手に素人判断していたのだが、それらの緩和と禁酒などで、だいぶ復調の兆しがあり、この日から体調は良くなっていた。
前日の作業現場まで約1時間半歩き、作業開始。
13時30分ようやく山頂まで除草を完了させた。

9/7
守門岳8/25の怪我のあと以来の入山である。
気温は高く、数十分後には作業を休止して日陰に逃げ込まなければならなかった。
ヘルメットの下のタオルはすぐさま汗で濡れ、絞るとびしゃびしゃと汗がしたたり落ちた。
刈る、休む、刈る、休むを同じくらいの時間繰り返し、16時15分迄作業する。
登山口に着いたのは18時少し前だった。

9/8
やはりこの日も晴天で高温注意報が出ていた。
2時間40分かけて、ようやく昨日の刈払い機デポ地に着く。
こころもち、昨日よりも微風が吹いているようで少なからずなんとか凌ぎやすい。
13時30分山頂着。
しかし、下部コースの除草が未だであり、一旦数時間下り、16時から再び下方へと進路をとり作業を開始する。
17時20分、登山口着で、守門岳に関してはすべて終了となった。

9/14
この3連休は六十里登山道の除草に充てることとしていた。
この登山道は登山口から約1時間強程度の距離を送電線巡視と併用されているため、登山道除草は巡視路終了地点からとなる。よって、そこまで刈り払い機その他一式を背負いあげなければならない。
 気温は低く、汗は少なかったが体調に不安があり、蛞蝓のように登って行った。
作業開始は7時15分。気温もしのぎやすく、淡々と作業を進め15時20分、目的の鬼が面山に着いた。
刈り払い機はそのままデポするので、エンジン部をナイロン袋で覆うためにある程度エンジンを冷やす必要がある。
冷えるまで、残った握り飯と次の日に備え刃を研磨する。
15時45分、鬼が面山山頂発、六十里登山口着17:45。

9/15
この登山道2日目。やはり同じところから登っていく。しかし、今日は異様に暑い。
鬼が面山に着いたのは8時10分、2時間30分要した。
8時30分作業開始。昨日とは一転、暑さがきつく細かく休む。
水を2.5リットル用意したが足りないかもしれないという不安が頭をもたげた。
途中、単独行者に冷たいコーヒーをもらい、さらに250㎖のボトルをもらった。
結局その水を飲むことは無かったが、まだこれだけ水があるという安心感があった。
 16時、ムジナ沢ガッチと前岳間の最低鞍部を過ぎたあたりで、刈り払い機をデポ。
ネズモチ登山口に着いたのは18時10分。
かろうじて足元が見える程度で、なんとかヘッドランプの使用はなかった。

9/16
最終日、残りはあと数時間だろうと、若干ゆっくり目で朝はスタート。
8時20分に作業開始。あいにくの雨で雨具を着なければならなかった。
去年から刈り払い機の不具合が見られ、雨で途中で故障したら困ると思い、ややペースを早めにし、正午近くにようやく終了することができた。
 作業を終え、分岐の木道で握り飯を食べていると、男性のみの中高年4人とスライドした。
趣味で雨の登山を楽しむ者、雨の中不健康な体に鞭打ち、仕方なしに登山道除草する者、この対比を慰めるようにエゾリンドウの鮮やかな青と、イワショウブのやさしい色合いが霧の中静かに揺れていた。



散文(批評随筆小説等) 2019年登山道除草記録 Copyright 山人 2019-09-19 08:07:16
notebook Home 戻る  過去 未来