こらっ! 深沢潮!
一輪車

週刊ポストの「韓国はもういらない」という特集が反日作家や反日思想家によって
指弾されているが、
そもそも批判のまとになった「韓国人の10人に一人はキレやすい」という記事は
もとはといえば韓国の中央日報の記事で、大韓精神神経医学会が出したレポートを
そのまま載せたものだ。^^ 週刊ポストの取材でも見解でもない。
いったいこれのどこがハラスメントや差別になるのか? なるのなら中央日報や
大韓精神神経医学会がハラスメントや差別をしたことになる。
韓国人がキレやすいということは韓国人が周知のことである。
「韓国人の10人に1人が憤怒調節障害で治療が必要」とみなしたのは韓国の権威的な
医者たちなのである。
また米国の精神医学会も「火病」として戦争直後から地域的疾病として指摘している。

最近の文芸誌は、あまりにつまらない小説ばかりが垂れ流されるので一切読まないが、
深沢潮なんていう作家がいたことすら知らなかったが、^^
なんだ、このバカどもはとおもう。
小学館週刊ポストの韓国記事のどこがおかしいのか?
内田樹とかいうスポンジみたいなスカスカの思想?雑文しか書けない
バカもこの深沢なにがしと同じくすぐに「書かない」「二度と書かない」
などといきなり脅しをかけたようだが、まずは、討論や意見交換じゃないのか?
有無をいわせず記事を否定するようなやり方が民主的だと思っているのか?
それこそ短絡な「火病」そのもじゃないか。
いまから80年も前から「火病」という診断名までがカルテに確認されているように
韓国、朝鮮人にはヒステリーのような独特の精神的疾患があることは公認されているのである。
日本人女性が路上で暴行にあったが、このことは隠すのではなく広く知識として広めておく必要がある。
情けないような反日ワンパタくちばく作家や自称思想家ばかりになってしまった
この国に表現の自由や言論の自由があるのだろうか?
ま、反日憎悪はいくらやってもいいようだが。^^ 韓国批判はいっさいご法度
のようだ。困った国になってしまったものだ。


散文(批評随筆小説等) こらっ! 深沢潮! Copyright 一輪車 2019-09-05 18:26:10
notebook Home 戻る