断筆
田中恭平


夢は
叶いそうにない

積み上げた詩の束
おもいは遥か
どこかとおくへ

身軽であるのが
いいのなら
悩みも
詩の束も
棄ててしまうのだが

きみと暮らす
へやを捜して
職を捜して
もう
時間はない
ついに
断筆
するときがきた

一方で
解放
されるんだ
みんなに
みんなに
いいことが
あると良いね

さて
問題なのは
ニコチンだけだ
さっぱりと

生まれ変わろう秋の海

 


自由詩 断筆 Copyright 田中恭平 2019-09-02 13:46:05
notebook Home 戻る