リレー
田中恭平


荒れた手で
休日の
月曜日と
コーヒーの朝
をむかえた

体は
ニコチンを欲している
わたしは
嫌だよ といって
パソコンの
前に移った

蝉の声が
聞こえなくなったへや
かすか
風鈴のおとがする

書きたいこと
或いは
書けることは
書き尽くして
しまったのか
新・霊感もなく
義務のように
言葉を
並べてゆく
さっさと書いてしまう

それが暮らし
坦々と
日々をリレーしてゆく
渡すのはわたし
受けとるのもわたし
苦しくはない
なんにも

 
 


自由詩 リレー Copyright 田中恭平 2019-09-02 08:37:58
notebook Home 戻る