激しい雨がふる
田中恭平


どんどん
ときを重ねるごとに
きれいになってゆく
心であると
信じたい

源泉より
大いなる
水を
掬い
飲み
おのれと
とりまく世界を
救う

激しい雨がふる
わたしは諦めて
また開始した
なにを?
人生を

聖なるまぬけ
ここに現る
書くことしかできないんですよ
加えて早朝のしごとを
していますがね

激しい雨がふる
おのれの
仏性は見えず
ただただ
やさしくする他ない
赦すしかない
弱者がやってゆく術は
それだと学んだ
また 水を掬う

 


自由詩 激しい雨がふる Copyright 田中恭平 2019-08-30 08:39:03
notebook Home 戻る