はじまりのはじまり
田中恭平

書くこと
奇なり
天使の
声を聞く如


わたしに与えられた
(または奪った
一切合切を
詩に
放棄したい
というのが
そもそもの原因だった筈だ

それでわたしは練習をはじめたし
いま、まだ練習のさなかにある

咲かない花

わたしは巡ることにした
巡礼することにした
これらは勿論
比喩

ある

わたしが愛する人種はどこにいる?
燃えて
燃えて
燃え尽くして
凍りついたやつら

わたしは出会おうとした
そして読んだ
強さではなかった
脆弱性と
或いは愚痴だった



自由詩 はじまりのはじまり Copyright 田中恭平 2019-08-16 14:49:45縦
notebook Home 戻る