こころ
田中恭平

こころ
清らかである為に
物を書いている
努力も
先天的に
こころ
清らかであるひとに
笑われる
かも
知れない

つい最近まで
わたしは
生きているのか
死んでいるのか
わからない
よく書いた
幽体化状態

なっていて
独特の暗さは
夜が明けても
つづいた

夜から
労働をして
帰ってきて
物を書く
じぶんがきれいにあるためにも
努力しているが
あなたはどうか
問う口がここにはない
ただ自然
山がきれいな
ばかりである




自由詩 こころ Copyright 田中恭平 2019-07-30 09:43:31
notebook Home 戻る