夏空にひとり眠る
森田拓也

鷺草さぎさうが風にまことの鳥のごと

ベランダに遠花火見る影ひとつ

手花火が口紅うすきを照らす

風死して野良猫も耳すましたり

枯れてなほ時刻むごと時計草

曲終へず破れざらなん草笛くさぶえ

梅雨雲つゆぐもの切れ間が一羽いちは鳥を見す

小波来てくるくる回る海月くらげかな 🛸

はすの香や事故る宅配ドライバー 🆖

死者の過ぐガンジス川の水遊び 🕌








俳句 夏空にひとり眠る Copyright 森田拓也 2019-06-26 19:49:50縦
notebook Home