受容
朝焼彩茜色



雷が遠くで鳴っているという事実を
私の手元に彫り込む
なんて事のない世界を見つめている
幻の七色の心地よさも受容し
足の裏の磁石でバランス良く歩く

さらさらした砂の表面を擦る風のように
生きてゆきたい

背伸びは星を眺める時だけでいい
この大きな世界に私はちっぽけで
それがバランス良くて 欲を溢して
この大地に馴染んできている

なんて事のない世界を見つめている
出来ること出来ないこと
どちらも愛しく星になれ


自由詩 受容 Copyright 朝焼彩茜色 2019-06-18 11:52:58縦
notebook Home 戻る  過去 未来