「ポリティカル・コレクトネス」という病い
一輪車

まずはこの写真をみていただきたい。
https://photos.app.goo.gl/HvgAJ6VSMSGhpfMZ6
とうとう二宮金次郎が座ってしまいました。^^

わたしが尊敬する「やまとなでしこ」我那覇真子さんの解説によると、
【なんと、現代のポリコレによると、薪を背負って歩きながら本を読んでいる
勤勉な金次郎が歩きスマホを助長しているというのです。
失笑ものですがリベラリズムによって正統性の感覚が狂うとこうなるのです。】
https://twitter.com/ganaha_masako

こんなバカげた理由からいま全国の小学校で座る金次郎が建てられているのです。
でも.....歩きスマホは二宮金次郎の銅像なんか関係ないですよ。^^
歩きスマホは物ごとのキリがつけられない自制コントロールの欠如した
頭のすこし足らない御仁に多いというのがいわゆる
識者の意見です。それがサヨクリベラリストにかかるとなんでもかんでも
伝統的なものの悪弊のせいにされる。
歩きながら本をよむ二宮金次郎の銅像に影響されて歩きスマホをするようなやつなら、
座って本を読む二宮金次郎像に影響されて
車を運転しながらスマホをするのでは? と考えないのか?
サヨクリベラリズムの狂気については近くまとめて書くつもりだが、それにしても
ひどすぎる。

この方々はとうとう「母国」とか「母音」とかいう日本語にもケチをつけ始めた。
男女平等の立場から「母」をかってに一方的に付けるのはおかしいという。
田嶋陽子とかいう非常にお美しい妙齢のおばさまが言い出したことらしい。
あるいは「メリークリスマス!」と叫ぶのもよくないという。
世の中クリスチャンばっかじゃない、
そういう他宗教の人への配慮が足りないから、これからは「ハッピーホリデーズ」って言おうという。
(従わない人たちはネトウヨとか安倍信者とかレッテルを貼って明示的暗示的に糾弾されるらしい^^)
バービー人形まで黒人をはじめ各種人種、体型もデブやチビなど揃えないと差別だという。だれにいつ
糾弾されるかびくびくして暮らす世の中になってしまった。^^
これはもはや純正の狂気。まごうことなき狂気です。わたしはこの狂気を非難するよりもどうして
こんな狂気が蔓延する世の中でなければならなくなったのかに興味がある。

だいたいこういう難癖をつけるのは、非常に外見のお美しいおばさまが多い。
おそらく若い頃あまりにも異性にもてすぎて迷惑をこうむった腹いせから
ヒステリーを起こしているとしかおもえないのだが、そのヒステリーが日本列島を
席巻している。
その行き着く先は伝統や伝習や風習など、およそいっさいのあやふやな神がかり文化の破壊と、
それにとってかわるプラスチックのようにつるつるの利便性、汎用性、
実用性に特化されたポリコレ文化であろうかとおもわれる。


散文(批評随筆小説等) 「ポリティカル・コレクトネス」という病い Copyright 一輪車 2019-05-11 16:54:36
notebook Home 戻る