生活(そして遊び)
田中恭平


揺るがない
生活
そのこころが
欲しいのです

語らった
言葉が死んで
星になります
祈らざるを得ない
夜、星は見ないのです

わたしは遊んでいるよ
言葉を倒し
すこし
ふるえながら
(寒さで)

春風をチリチリ
燃焼させる
危ない遊びだってした
いつか
とおくで

眠剤占いだってした
睡眠療法の真似ごとだったのですが
それで脳を壊しましたし
叱られました

理由もなく叱られることだってあります
息をするのも奇跡です

今は静か過ぎる生活で
その生活は求めたものと
少し違う
から
少しずらしています




自由詩 生活(そして遊び) Copyright 田中恭平 2019-04-03 08:26:39縦
notebook Home 戻る