室内
石村




 低気圧が近付いてゐる午後。

 少年が鉛筆を削つてゐる。

 室内に、新しい芯の匂ひが満ちる。

 「隆、下りてらつしやい」

 と、羊羹を切り終へた母の声が階下から聞こえる。

 隆が階段を下りて行く音が段々と遠くなる。

 亡くなつた姉が部屋の奥から出てきて、机に無造作に置かれた隆のランドセルを開け、物差しを引つ張り出して二、三度、刀を振るやうに上下させてから、物差しを机の上に置き、かへつて行つた。


 芯の匂ひが、室内にうつすらと残つてゐる。



(二〇一八年三月四日)





自由詩 室内 Copyright 石村 2019-03-24 17:48:06縦
notebook Home 戻る