晩鐘
秋葉竹



籠が じゃまか

のぞきこむ こくびゃくの瞳がじゃまか
こどくの 虎に 咬み殺されるか
それは 古びた 『晩鐘』の白骨か

仄暗い顔の生き霊は 死ななかったか
冥界の茨の冠は もはや交わりはじめるか

その土地に祈る 首が落ちるか

その首をいれる 籠は まだじゃまか


自由詩 晩鐘 Copyright 秋葉竹 2018-07-13 07:24:09
notebook Home 戻る  過去 未来