5月の先取り(私限定)
空丸ゆらぎ・続

  世界を確かめ合うように

世界はどうしてか在る
向こう岸には行けない

唇をかさねる
何度も何度も 深く深く


  どうなることやら

錆びついた鉄骨の街は一掃された
遺伝子を切り貼りし新しい人間が街を歩く
高分子構造の服を纏い風を横切る
虹を眺めるロボットたち


  無常 

世界は変わる
どう変えるか 僕はどう変わるか
「静止画」でいたい
時々そう思う


  5月

風は5月を運んでくる
春でもない夏でもない
そのいい加減さが肌に合う


自由詩 5月の先取り(私限定) Copyright 空丸ゆらぎ・続 2018-04-17 00:20:37縦
notebook Home 戻る