僕の朝をもってきてください
印あかり


僕の朝をもってきてください
足をなくした僕のかわりに

星空のテントを畳んで
山むこうに捨てておいてください


僕の肩を支えて
そっと舞台から降ろしてください

覚悟のない僕が逃げようものなら
一思いに突き落としてください


もしも初めての呼吸に失敗したら
そっと殺してください

失敗にはじまった僕の生涯を
誰も彼も忘れてください


僕の根っこを水で洗ってください
いつか透明の花を咲かせて

ほのかに憂鬱な香りを放つまで
骨壷に植えてやってください


僕の朝をもってきてください
足をなくした僕のかわりに

星空のテントを畳んで
山むこうに捨てておいてください






自由詩 僕の朝をもってきてください Copyright 印あかり 2018-03-27 01:07:04
notebook Home 戻る