shiver
カマキリ




待っていたのは
あなたのあいまいで退屈な言葉
噛み締めて耐えていたものが
一瞬だけ解ける音がするの

だって
光にもいろいろあるじゃない
それならせめて
この氷のような体温が届く前に
海の色を教えてほしいもの

あなたの透明な不正解が
この世界のダンスのもとになって
些細なことを削ぎ落としていくのよ
それだから
私の目がほんとうはガラス玉だと言われても
たぶん怖がらないのよ

あなたの影を踏んで
私が粒子になったとしても
この手はこの髪の毛は
触れられることを覚えてしまったんだもの







自由詩 shiver Copyright カマキリ 2018-03-13 16:45:40縦
notebook Home 戻る  過去 未来