「――№3」に寄せて
ただのみきや

しようとして したのではない
しようとしないからできること

いたるところに仕掛けた笑いの影で

逃げたのではなく逃がしたのだ
あなたはあなたを 作品の中へ

なに不自由なく澱んでいた
水槽から飛び出す夢を見て
夢の中 金魚は死んだ

抗う術もなく幼い頃に嵌められた枷
黒く魂を鬱血させた冷たい束縛から

解き放たれ
幸福の最中
遺言を残して

こころのままに愛し 世界を自由に泳ぐ
あなたの娘こそ あなたのメタファー

逃げたのではなく逃がしたのだ
そうしてあなたは作品の中から

今 わたしのこころ
考えるより 想うより 
もっと 深いところ

春へ ああ 夏へ
激しさを増して往く

衝動――姿なき魚のふるえ
あなたは泉の女神のよう
失くしたものを再び




       《「――№3」に寄せて:2018年1月17日》








自由詩 「――№3」に寄せて Copyright ただのみきや 2018-01-17 19:51:29縦
notebook Home 戻る