1945、夏、わたしにつながる歴史
田中修子

わたしはきっと見たことがある
祖母の灰色の目をとおしてだけれど
B29がつきぬけるように真っ青な
雲一つない空をはしってゆくのを

疎開するため
汽車で広島を出るとこだった
ちいさな伯母さんの手をひいて
大きなおなかには母がいた

ぎゅうぎゅうに人がつまったすきまのない汽車
息をするのも喘ぐよう
B29の轟音がして
汽車は急ブレーキをかけた

撃たれまいと生き抜こうと
人々は蜘蛛の子ちらし
近くの木々へ
野原のかげへ

わたしにはもう元気がなかったんや

空っぽの汽車にわたしと叔母とおなかの母
三人きり
息が広い
ゆっくり座れる
それだけでもうええ
ぜいたくや


オカッパ頭の伯母を抱きしめ
重い腹をぎゅうっとかかえ
窓から外をながめてた
ああ、青をぶちまけたキレエな夏の空を
B29がすべりぬけてく

あんときなぁ
狙撃、されんかったなぁ
なんでやろ

歳月に洗われて
銀色になった祖母の声には
にくしみもかなしみもよろこびもない


---

【petit企画の館】/蝶としゃぼん玉(303)
http://po-m.com/forum/threadshow.php?did=320890
主題、歴史


自由詩 1945、夏、わたしにつながる歴史 Copyright 田中修子 2017-01-05 21:02:44縦
notebook Home 戻る