Shadow Dancing(向き合うひと)
恋月 ぴの

不幸の似合う女優さんって
近頃みかけないよね

それだけおんなが幸せになった訳ではなさそうだけど

ひたすら運命と向き合う生き方って
求められていないのかな




冬の日差しに長く伸びたわたしの影

駆け出せば追いかけてくる
息を切らせて
立ち止まれば立ち止まり
ご挨拶と手を振れば
こっちへおいでよと答えてくれた

あちらへ行ってみようかな

一歩踏みだせるのなら
あなたと一緒な世界がひろがる




演じるひとりのおんなと格闘の果てに
伊東の海に消えた女優さんがいた

ある意味ふてぶてしそうな風貌だったんだけど
演じる役と向き合う
もうひとりの自分と真正面から向き合うって
並大抵のことじゃないんだよね

わたしにもそんな生き方できるのかな




騙されやすいのは
自分を信じやすいひと

誰かに騙された自分を信じてさ
とことん信じてね

男に騙されていることを認めたりはしない

不幸の似合うおんなのひとは
半ぱな男を好きになる

だらしないほど優しくて
冬の日差しに長く伸びた影のあちらでおどけてた



自由詩 Shadow Dancing(向き合うひと) Copyright 恋月 ぴの 2012-02-13 19:41:47縦
notebook Home 戻る