茶釜

半月の間に二度の葬儀あり一人は身内一人は知り合い

葬礼の献花を貰い帰った日花瓶にはまだ先日の献花

二度の香二辺の念仏沁みたまま一張羅の喪服洗濯屋に出す

念仏も御香も花も間に合わぬ世界を目にした数日の後



短歌Copyright 茶釜 2011-04-10 22:38:31縦
notebook Home 戻る  過去 未来