被害妄想のサ●エさん。
いとう


別に履くのを忘れたわけじゃないのよだってそうでしょ靴なんか履いてたら逃げられちゃうじゃないのそうでしょみんなそうするでしょ履いてるヒマないわよね敢えて履いてないのよ履き忘れたわけじゃないのよなのになんで笑うのなんでみんな笑ってるのおかしいのそんなにわたしがおかしいわけ靴を履いてたら逃げられると思って裸足で追いかけたわたしがおかしいのおかしくないわよだっておかしくないでしょ理性的な判断じゃないのみんなだってそうするでしょドラ猫にお魚獲られちゃうのよあなただってそうするでしょもし自分が同じ立場だったらって考えてごらんなさいよ絶対に裸足で駆けてくんだからなのになんでそんなに笑うの笑ってるの履き忘れたわけじゃないのにわたしそんなに笑われることしてないのに靴を履いてたら間に合わないと思ってそのまま追いかけることのどこがおかしいのなんでみんなわたしを見て笑ってるのわたしはおかしくないわよどこもおかしくないわよなのにみんなで寄ってたかってわたしを笑い者にするわけみんな馬鹿にしてるんでしょみんなでわたしのこと馬鹿にしてるんだわそうに違いないわそうやってみんな陰口をたたくのよたたいてるのよ私の陰口をたたいてるに決まってるんだわマスオさんの耳にも入るに違いないわ三河屋さんも陰でコソコソ笑うのよそしてみんなに言いふらすのよ御用聞きしてる家すべてに言いふらすんだわあの人はおかしいって言いふらすのよそしてマスオさんはおかしな女の養子婿になった馬鹿な男だって職場で笑われてるんだわだってみんな笑ってるんだものみんなわたしを見て笑ってるんだものお日様も笑ってるわお日様もわたしのこと馬鹿にしておかしいと思ってるに決まってる〜るるるっる〜。今日もいい天気。


自由詩 被害妄想のサ●エさん。 Copyright いとう 2010-06-10 02:42:25縦
notebook Home 戻る  過去 未来