0.68sec (全て記号)
鎖骨




ようするにきみは
いまはぎんいろふりつもるふゆのふきのとうみたいなもので
わかってるとはいわないで
わからないともいわないで
とにかくきみにはよりにがくなってもらいたくて
つらいからいいんだよ
わかいときにくるしみを
こどくのさきにみえるここうのいろにおいひびきをたいけんして
きみはのぞめばあすこへとどくことができる
もちろんのぞまなくたってかまわないし
ゆきのおもみといたいほどのしろさにたえることができる
どうじにとてもやわらかくもあって
ようするにきみはとてもわかくて
いいかいほんとうにきみはとてもいきているってやつなんだ
きみだけがいきているんだこのじかんのきみの
おきているあるいはねむっているむねのなかあたまのなかそれが
きみのずべてであってそれをきゃっかんしするわたしのすべてでもあって
きみはそとともつながれるしそれをえらばないこともできる
だからこのはいいろのぶんしょうも
まっちゃじおをふりかけたふきのとうのてんぷらといっしょにたべてしまったり
つぎのごみのひにいしきのはるかとおくへすててしまうこともできるんだ
ほんのまばたきのあいだに
ぎんがのしゅかんにかさなる
またたけ
またたいて
いくらでもかたちをべくとるをかえて
きみに
きみになってください





自由詩 0.68sec (全て記号) Copyright 鎖骨 2009-09-20 03:29:07縦
notebook Home 戻る  過去 未来