見つめるひと
恋月 ぴの

飼い猫と捨て猫の違いぐらい
こんな私だってわきまえているよ

あなたに甘えられなくて
ミカン箱の中で過ごした一夜

大輪の花火きれいだとあなたは言った
そんな花火になりたくて
この街へ出てきたはずだったのに

つっかけから覗く紅いペディキュア
とうに剥がれかかっていて

ひとりぼっちの線香花火

なぁんにも言わずぽとりと落ちた




自由詩 見つめるひと Copyright 恋月 ぴの 2009-08-03 20:35:01縦
notebook Home 戻る