ark-eyes

きれいな花が
ひとつ落ちてしまいました

それは 無知な私にとって大きなものだった


夏が過ぎ去っていく 
誰にも縛られることなく

ただ一つの命 
そして ただ一つの自分に対しての一つの戒め


自由詩Copyright ark-eyes 2008-02-24 18:14:25
notebook Home 戻る  過去 未来