創書日和「星」
イズミナツキ

遥か遠くの星が
時を越えて輝いている

闇に呑まれないように
やさしいつながりを

目に映るのは消えた光
それでも心をうるおすもの

いつかは燃え尽きて
いつかの朝をもたらすのだろう

夜の丘で
街の空気に抱かれた心は なぜだか澄み切って
今なら、と思い
それを空へと投げた


自由詩 創書日和「星」 Copyright イズミナツキ 2007-07-09 21:46:28縦
notebook Home 戻る  過去 未来
この文書は以下の文書グループに登録されています。
創書日和、過去。