夏美かをる
アメリカ西海岸在住です。アメリカ人の旦那、娘2人と暮らしています。娘達とは日本語で話すようにしていますが、年々彼女達の話し言葉がルー大柴さん風になってきてしまってます。

日本を離れて、益々日本の良さを実感している今日この頃です。日本に帰りたいけど、もう里帰り以外では帰れないかな…と思ってます。

石垣りんさんの詩、“私の前にある鍋とお釜と燃える火と”が大好きで、このように暮らしていくのが目標ですが、現実はなかなか難しいですね。つい、面倒臭いと思っちゃうし、お料理の腕自体も一向に上達しません。

下の子が小学校に入学したのをきっかけに、その昔好きだった詩作に再び取り組むようになりました。学生時代国語の勉強は特に好きではなかったし、詩の勉強もしたことがないので、難しいことは何一つ分かりません。目指す作風があるとしたら、普段の生活の中で感じたことを、なるべく分かりやすい言葉で素直に、そしてシンプルに表現する生活詩的スタイルというところでしょうか?(というか、技術もなく技巧も使えないもので…そんな詩しか書けません。)星の数程ある名作、傑作、秀作、佳作、労作、力作の中で、私の心の琴線に触れ、ポインを入れさせていただく作品に関しても、必然的に、そんな作風を醸し出しているものが中心になってくると思いますので、あしからず、です。

私のつたない作品を読んで下さった方、大変ありがとうございます。ポイント数を意識して作品を創るなどという野暮なことだけはしまい、と心に銘じつつも、やはり、皆様から賜るひとつひとつのポイントは、大変有難いし、今後の励みにもなっています。

宜しくお願い致します。




おすすめ(7945)
投稿作品(78)
データ
ひとことダイアリー(7)

 
Home 戻る