目眩のする/由比良 倖
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- アラガイs 
---2021/02/01 23:39追記---

一生懸命描いた絵をつまらないという顔でみられたことがあります。そのときのわたしは懸命さに一生懸命さを塗りつぶしているだけでした。他人から眺める眼とはそんなものです。他人に見せるための一生懸命さならば下手に妥協はできない。具象の写実にしても抽象にしても。プロならばそう捉えるでしょう。「聞こえない、冬」 意外に思われるかも知れませんが、わたしには末尾の一行が一番感受できます。
 
作者より:
>アラガイsさん

ありがとうございます。
多分、頑なになってしまっては良くないのでしょうね。
本当は、頑なさから抜け出ることが出来たときに創作をするのがいいのだと思います。

アラガイさんも苦労されましたね。その絵は今も残しておられますか?
自分の一生懸命さは、自分の中にそっと秘めておいて、
後になって自分ひとりで愛おしむことが出来れば、それでいいと思います。

一首でも心に引っかかるものを感じてくださったなら、とても有り難いです。

Home
コメント更新ログ