甘いバターと春、或いは/みい
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 1486 106 
- もとこ 
- AB 
- クーヘン 
「絶対に必要なのに要らないと思ったの」
なんて切実なフレーズだろう。
- ワタナbシンゴ 
久しぶりにみいさんの詩を読んだ。はじめてみいさんの詩に出会ったとき僕は20代半ばだった。物語がずっと続いていた。長い長い物語。僕も40代半ばになった。詩がそこにあり続けていることに静かに感動した。

- 鵜飼千代子 
- 鈴川ぽろ 

戻る Home
コメント更新ログ