初春/石村
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- st 
- ひだかたけし 
- 朝焼彩茜色 
- るるりら 
- 一輪車 
- たこすけ 
---2020/02/12 19:21追記---

なかなか雪解けのしない獣性





---2020/02/21 16:26追記---

この詩を自己投影すると

不思議と私にすまうけだもの
いえ、プランクトンの大きな集まりかもしれません
それがけだもの巨大な影絵をつくっている
その巨大な影絵を
無頓着な鯨が、ばくんっと
食べていったような
読後感がしました。
なぜかは分かりません、

ばくん





---2020/02/21 16:30追記---
- もとこ 
- アラガイs 

年が明けたというのに何を憤慨しているのでしょう。?。神とは。あ、ウィルスですかな。太陽ウィルス。笑。違うよね。
- こたきひろし 
- そらの珊瑚 
- 帆場蔵人 
- 服部 剛 
- 田中修子 
- 印あかり 
- 白島真 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- viraj
午後とか海ってのは悟った人の意識の象徴でもあります。

戻る Home
コメント更新ログ