失恋騒動、勃発中/秋葉竹
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- こたきひろし 
秋葉竹さんの短歌ってさ、続けて読んでも違和感ないんだよな。それって俺だけかな。失礼かも知れないけどさ。
- ひだかたけし 
- 朧月夜 
- 梅昆布茶 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>白雲の
>頰に朝焼け色を塗り
>わたしの恋の《結末》とせん
口語による一首中、末尾の「せん」(サ変動詞の未然形「せ」+意志の助動詞の終止形「ん」)のみ、木に竹を接いだように文語です。

---2019/11/10 13:29追記---
>基本、あなたのその立ち位置は、狷介孤高、と呼ばれるべきものでしょう。
>毀誉褒貶は、世界に尽きないんでしょうけどね。
かように舌頭に置かしめた襟懐のあれやこれやをお察し申します。
- 小西直樹
いっぱい短歌考えたのはすごいけど、あんまり良くなかったなあ。わたくしが作った短歌もチンカスですから、我々はチンカス仲間でやんすねえ。
 
作者より:
孤蓬様。
文語は、使わないように心がけていたつもりでしたが。
なんか、決意表明みたいなところで、使ってしまったみたいです。
その歌は、手直しさせていただきました。

基本、あなたのその立ち位置は、狷介孤高、と呼ばれるべきものでしょう。
毀誉褒貶は、世界に尽きないんでしょうけどね。
けど、私自身の趣味で言えば、どちらかといえば、《狷介》はともかく《孤高》には憧れます。



Home
コメント更新ログ