意味のない奇跡、或いは/森田拓也
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 由木名緒美 
最終句がとても好きです❄️
- こたきひろし 
- st 
- ナンモナイデス 
- クーヘン 
こんにちは。
竹馬乗りたくなりました。
あと円柱の缶で作ったカッポン?とか、よく乗ったなぁ。
あ!最後の句、素敵です。
- ひだかたけし 
森田さんの俳句には、どれも読後に響く静けさがあります。まるで瞑想しながら詠んでいるような。/
---2019/11/05 12:55追記---
- 梅昆布茶 
- 空丸 
- あおいみつる 
- 日比津 開 
ご活躍ですね。俳句でトップ10の常連のようで凄い!
- 若乱 
- Giovanni 
- mizunomadoka 
- おぼろん 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>静かなる風に漂ひ冬の蝶
毎度指摘していますが、連体形であるべき中七の末が、不自然に連用形になっています。
まともな日本語表現ではありません。
句の趣向も月並です。

>陽のつくる冬蝶の舞ふ小影かな
日光に照らされた蝶の影を句にしていることは理解できますが、語順や言葉選び、修飾被修飾の相関等、修辞が拙劣で、日本語になっていません。
句の趣向も月並です。

>夕空に冬鷗舞ひ白を置く
「白を置く」という表現に奇を衒った様子が鼻につく印象です。
そして、句の趣向としては月並です。

>三歩先竹馬の児を母が待つ
毎度指摘していますが、格助詞「が」は蛇足です。
句の趣向も月並です。

>目覚むれば夢の外にも同じ雪
「同じ」は蛇足です。
「同じ」が無くてもちゃんと意味が通じます。
音数合わせで無駄な言葉を選んだ瑕疵が目立ちます。

それから、世の中には、的外れなおべっかを口走る向きがありますが、頓珍漢なへつらいなど真に受けぬ方が良いと思います。
 
作者より:
由木名緒美さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
最終句は、夢と現実の感覚の二重性を出せればなって思い、
詠んだのですが、ちょっと句がゴツゴツした語感になってしまった気も・・・。
でもでも、由木さん、どうもありがとう!

こたきひろしさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

stさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

レタレタ19さん

こんにちは
読んで下さって、どうもありがとうございます

クーヘンさん

こんにちは
読んで下さって、どうもありがとうございます
僕もしました!
缶の、たしか、かっぽんか!
不思議なんですが、夢であまり自然現象を見ないですよね(笑)
でも、ちょっとアイデア的に最後の句は詠んでみました。
クーヘンさん、どうもありがとう!

ひだかたけしさん

こんにちは
読んで下さって、どうもありがとうございます
ひだかさんに褒めていただけた!!
瞑想、嬉しい言葉です!
俳句の基本の基本を勉強中の僕ですが、伝統的な基本に忠実な俳句に、
少しずつ新しい要素も入れていければなって思っています。
最近、道歩きながら、指を五・七・五と折って俳句を考えています。
まあ、俳句でいけるとこまで、でっす!
ひだかさん、どうもありがとう!

梅昆布茶さん

こんにちは
読んで下さって、どうもありがとうございます

空丸さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

ひかわゆきおさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/11/06 04:28追記---

孤蓬さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
格助詞の「が」はたしかに、ほとんど現代俳句でも使われませんね。
どうしても語呂合わせで使ってしまいますね(笑)
僕の課題ですね。

フジ子さん

こんにちは
読んで下さって、どうもありがとうございます

あおいみつるさん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

日比津 開さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
俳句を始めて、ちょうど2年経ちました。
最初は、たった十七音で、何ができるんだろうと俳句を不審に思いながら始めたのですが
見事に俳句に夢中になりました。
松尾芭蕉さんや、芭蕉さんのお弟子さん(武士や、お坊さんもいます!)などの
すごい人の俳句には、宇宙が宿ってるんですよ!!
top10は、詩時代からの読んで下さってる方に、お気遣いいただいて、
ポイントをいただけているので、まったく今の未熟な僕の俳句には力はありません。
やっぱり、詩でも、俳句・短歌・散文でも、楽しんでやるのが一番ですよ!

---2019/11/12 03:22追記---

若乱さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

Giovanniさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

mizunomadokaさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/11/25 20:05追記---

おぼろんさん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

Home
コメント更新ログ