夏の終わりに/森田拓也
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- st 
- ひだかたけし 
特に最終句に。
写実的なんだけど幻想的な味わい。/
- こたきひろし 
- AB 
二句目と五句目に

- るるりら 
- 梅昆布茶 
- ナンモナイデス 
- TwoRivers 
- 帆場蔵人 
- 由木名緒美 
一陣の涼風がさっと吹き抜けた心地でした(*´-`)
- あおいみつる 
- 空丸 
- 印あかり 
- 長崎螢太 
仔犬の句がお気に入りです。可愛らしくも、味わい深いです。
- 角砂糖日見子 
- la_feminite_nue(死に巫女) 
- 若乱 
- 日比津 開 
はもん生み水馬あめんぼつねに一歩先

ー 風景、情景があざやかに浮かび、特に良いですね。
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>夏蝶の街角曲がる影の濃し
下五「影の越し」とありますが、格助詞「の」が蛇足です。
格助詞によって主語を示すのは、口語文の手法です。
文語では、名詞句などにおいては格助詞が当該句の主語を示すことはあっても、文における主語を格助詞で示す手法は用いません。
したがって、「夏蝶の街角曲がる影」という名詞句内の「夏蝶」に付いた格助詞「の」は適切ですが、「影」に付いた格助詞「の」は余計ということになります。

>泳ぐ彼少年の日の我に似て
「泳ぐ彼」という言回しは口語調です。
また、句の趣向がありきたりな印象。

>最後まで語らず眠り月下美人
中七の「眠り」が何故連用形なのか、疑問です。

---2019/08/04 11:10追記---
一つ書き忘れていました。

>夕焼に椅子を立つひと影のばす
意味が曖昧な句です。
椅子から立ち上がった人が夕日に照らされて、その影が長く伸びている(夕日だから影が長くなるのは当たり前)様子を詠んでいるのだとは解りますが、それであれば、「夕焼けに」という表現は厳密には意味を外しています。
格助詞「に」ではなく、間投助詞「や」を用いて、「夕焼けや」とすれば、意味の上では納まります。

---2019/08/05 06:06追記---
>最後まで語らず眠る月下美人 (一行詩)
>
>最後まで語らず眠り/月下美人 (一応、俳句かな?)

この森田拓也氏の認識は、全く誤っています。

俳句は、上五或いは中七で切れなければならないというものではありません。
下五で切れる句もたくさんあります。

下五で切れる句の一例↓

>青柳の泥にしだるる潮干かな 芭蕉

>石工(いしきり)の鑿冷やしたる清水かな 蕪村

>鶏頭の十四五本もありぬべし 子規

>凍蝶の翅におく霜の重たさよ 虚子

そもそも、連用形にすれば句が切れるという認識自体、完全な誤りです。

---2019/08/06 20:17追記---
清水杏芽が提唱する「切レ」(片仮名の「レ」にご注意)は、俳諧や俳句における一般的な概念としての「切れ」(平仮名の「れ」にご注意)とは、少し異なるものです。

清水の「切レ」論は、当時の俳壇へのアンチテーゼとして反骨的に提唱されたものですが、今となっては、その著書のほとんどが絶版になり、彼が興した「双葉俳句会」も彼の死の前年に解散していることからも窺えるように、賛同者はあまり存在していません。

私としては、その主張の一部に首肯する部分がなくはないものの、かなり恣意的、独善的かつ奇矯な極論であり、少なくとも、何も解らない初学者が無闇に手を出すべきものとは思えません。

森田拓也氏が引用なさった、体言では切れないと主張する清水の珍説も、単なる彼の独り善がりにしか見えません。
 
>最後まで語らず眠り/月下美人 (連用形で切る)

↑このように、森田拓也氏はおっしゃいますが、連用形で切れるなどというのは、清水の奇論に毒された甚だしい勘違いに他なりません。

私からすれば、「最後まで語らず眠り月下美人」なる句は、中途半端に連用形を用いて、前後のつながりが不自然になっただけの、みょうちきりんな日本語表現がそこにあるばかり。

森田拓也氏は、清水の「切レ」論を本当に深くまで理解し、咀嚼し、自分と不可分の真の持論として体得した上で、その主張を支持されているのでしょうか?

「切れ」(平仮名の「れ」にご注意)の一般的な概念を学ぶことなく、奇矯な「切レ」論(片仮名の「レ」にご注意)を鵜呑みにして飛びついても仕方ありません。

迷論に踊らされるのではなく、まずは、基本的な「切れ」(平仮名の「れ」にご注意)の概念を学ばれる方が大切だと思います。

---2019/08/08 05:54追記---
>現代俳句では、もう、句の連用形切レは当たり前に行われています。
森田拓也氏は句中の意味の転換点を「切れ(切レ)」と捉えられているようですが、「当たり前」というほど、その認識が現代俳句において普及している訳ではありません。

例えば、メディアにもよく登場している夏井いつき氏も、森田氏のような認識を共有してはいません。
http://100nenhaiku.marukobo.com/?eid=916005

なお、森田氏は、「現代俳句では-略-当たり前」とおっしゃいますが、「現代」ではなく、例えば、蕉門においても、『去来抄』に「きれ字に用時は四十八字皆切レ字也。不用時は一字もきれじなし」とあるように、森田氏に似たような考え方も、伝統的に存在はしているのです。

いずれにせよ、夏井いつき氏などは、連用形や接続助詞「て」などを切字とは扱っていません。
森田氏のような主張が、現代俳句においても、「当たり前」ではない証左です。

ところで、森田氏が引用された次の句

>切干やいのちの限り/妻の恩    日野草城

この句の「限り」は、意味合いから、動詞の連用形ではなく、名詞と捉えるべきです。

---2019/08/09 06:01追記---
森田拓也氏が引用された句を読み返して、改めて気付いた点について補足です。

>切干やいのちの限り/妻の恩    日野草城

前回のコメントで「限り」は名詞と申しました。
そして、よくよく見るとこの句は上五の間投助詞「や」で切れています。
「限り」で切れるという森田氏の判断は誤りです。

>鶏頭の影地に倒れ/壁に立つ     林徹

この句は、壁の近くに生えている鶏頭に光が当たり、影が出来ているさまを、根元部分から花の先の部分までの、影の様子を描写した句でしょう。
根元から茎の途中までの影は地面を這いながら壁まで延び、影が壁に当たった所からは、その壁に沿って、影が鉛直上向きに花の先の部分まで立ち上がっているように見える様子が描かれていると解釈できます。
そうすると、「地に倒れ」の中七で切れているという森田氏の判断は不適切であり、中七から下五にかけての表現は、影の様子を連続的に描写していると解釈すべきです。
 
作者より:
stさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

ひだかたけしさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
最後の句が一番、難しかったです。
椅子を表現のアイテム的に使って、
少しだけ、寂しげにしてみました。
ひだかさん、どうもありがとう!

---2019/08/05 03:55追記---

こたきひろしさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

仲程さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
風鈴の句は、実は、僕が大好きな俳人の松本たかし、という人の俳句からアイデアを
いただきました。
天馬の句は、自分自身で、アイデアを考えました。
松本たかし、という人は、日本伝統芸能の能をされてた人で、
俳句の中に、能の用語とかが出てきて、かっこいいんですよ。
たぶん、仲程さんが好きそうな、松本たかしさんの句を↓

 風落ちて谷底の百合動く見ゆ    松本たかし

 箱庭とまことの庭と暮れゆきぬ    同

 少年の友あり日記買ひ与ふ     同

 蜘蛛かなし脚つづめ死を真似るとき   同

 風吹けば流るる椿まはるなり    同

 紅葉照る倚像の如来三指欠く   同

 月見草蛾の口づけて開くなる   同

 ふと羨し日記買ひ去る少年よ   同

 枯菊と言ひ捨てんには情あり    同

 静かなる自在の揺れや十三夜    同

 仕る手に笛もなし古雛     同

 夢に舞ふ能美しや冬籠     同

 眼にあてて海が透くなり桜貝   同

 今日会へば又散り散りや冬の雲    同

 恋猫やからくれなゐの紐をひき    同

 流れゆく椿を風の押しとどむ      同

 愁あり歩き慰む蝶の昼       同

 病める目にすぐ湧く涙梅白し     同

 ※

るるりらさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

梅昆布茶さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

闇道ナツさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

レタレタ19さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

TwoRiversさん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/08/05 05:05追記---

孤蓬さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
月下美人の句の連用形で切ったのは、

 最後まで語らず眠る月下美人 (一行詩)

 最後まで語らず眠り/月下美人 (一応、俳句かな?)

って感じで、強引に句切れを入れました。

夕焼の句、たしかに、「に」より「や」で切る方が良いですね。
孤蓬さんのアイデアをいただきます。
どうもありがとうございます。

---2019/08/06 14:25追記---

孤蓬さん

こんにちは。
僕も、句切れについて考えるのは好きです。

孤蓬さんの「かな」「べし」「よ」などの切字十八字、助動詞、間投助詞で句を切るのも、
僕は大好きです。
ただ、月下美人の句は、「や」「かな」「けり」などの切れ字を使いたくなくて、
活用形で、句を切りました。

 最後まで語らず眠り/月下美人 (連用形で切る)

 最後まで語らず眠れ/月下美人 (命令形で切る)

 月下美人/最後まで語らず眠る/ (上五を名詞+名詞で、下五を終止形で切る)

 月下美人/終わり語らぬ眠りかな/ (上五を名詞+名詞で、下五を切字「かな」で切る。

 月下美人/語り終わらず眠るかな/  (上五を名詞+名詞で、下五を切字「かな」で切る。

とか、いろいろ出来ますが、僕は、連用形(眠り/月下美人)で句を切りたかったんです。

何故かというと、下五の「月下美人」(名詞)では、句は切れないと思うからです。

 最後まで語らず眠る月下美人 (←ただの、一行詩です)

 最後まで語らず眠り/月下美人 (←一応、俳句です)

以下に、面白いので、清水杏芽さんの『俳句の仕掛け』という本より、
下五に置く名詞では、句は切れないということの解説を引用します。

 ※

p59より

 名詞(体言)では原則的には「切れ」性を持たない。
例えば芭蕉の作品、

 粽結ふ片手にはさむ額髪

ここに名詞「粽」には動詞「結ふ」が付きこれを説明し、「片手」の体言も「はさむ」の手段を示し、額髪は「はさむ」の目的語になり、「はさむ額髪」であって、この作品にはどこにも「切れ」を持たない。強いて俳句とするためには

 ①粽結ふ片手にはさむ額髪かな/  (下五を切字「かな」で切る)

 ②粽結ひ/片手にはさむ額髪 (上五を連用形「結ひ」で切る)

 ③粽結ふや/片手にはさむ額髪 (上五を切字「や」で切る)

とならなければならないだろう。
 
 この点、原句、

 粽結ふ片手にはさむ額髪

は俳句(発句)ではないのである。

 上記の、①は切字「かな」を足し、②は「結ふ」(連体形)を連用形「結ひ」にして、「片手」との付きを解除し、③は上五に切字「や」を補って作品の中に「切れ」を作ったものである。これで、これら①②③作品は俳句に成れるのである。

 ※

ということらしいです。

---2019/08/08 01:21追記---

帆場蔵人さん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

 ※

孤蓬さん

こんばんは
俳句の句の連用形切レを、孤蓬さんは間違いだと指摘されていますが、
僕は、そうは思いません。
むしろ、現代俳句では、もう、句の連用形切レは当たり前に行われています。
ただ、たしかに、孤蓬さんがアドバイスして下さる通りで、
僕には、まだ、連用形切レ、を使うのは難しいですが・・・。

 あるときは一木に凝り/夏の雲     原裕

 切干やいのちの限り/妻の恩    日野草城

 胎の子が逆さにねむり/大暑なる    中山純子

 人はみななにかにはげみ/初桜    深見けん二

 東京を一日歩き/諸葛菜      和田悟朗

 炎天より僧ひとり乗り/岐阜羽島    森澄雄

 硝子戸に硝子戸うつり/明けやすし    柴田白葉女

 棚吊ればすぐ物が載り/十二月     岡本差知子

 天上の恋をうらやみ/星祭     高橋淡路女

 面あげしままにしつらへ/茄子の馬     八木林之介

 ふいに子の遊びが変はり/夏に入る    小澤克己

 夕暮は雲に埋まり/春祭    廣瀬直人

 白蓮白シャツ彼我ひるがえり/内灘へ     古沢太穂

 鶏頭の影地に倒れ/壁に立つ     林徹

---2019/08/09 02:11追記---

孤蓬さん

こんばんは
僕も、前回の時に、去来抄を考えました。
たしか、芭蕉さんが、去来さんにだけ、秘密で切レの構造を教えたとか。
「限り」、たしかに、名詞です、勘違いしました。
どうもありがとうございます。

---2019/08/10 02:30追記---

二度寝さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

由木名緒美さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます
今日も、暑かったけど、由木さんも体調には
無理しないように過ごしてね。

---2019/08/10 02:41追記---

孤蓬さん

おはようございます
どうもすいません
僕も、切れ字「や」を見逃してました。

 切干や/いのちの限り/妻の恩  日野草城

 鶏頭の影/地に倒れ壁に立つ/  林徹

---2019/08/11 00:54追記---

あおいみつるさん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

空丸さん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

印あかりさん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/08/12 21:49追記---

長崎螢太さん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます
近所に、仔犬のヨークシャーテリアがいまして、
たまに、早朝に出会います。
もう、5年前になるのですが、愛犬の16歳のヨークシャーテリアを亡くしまして、
どうしても、亡くした愛犬と重ねて、その仔犬を見てしまいます(笑)。

---2019/08/18 06:16追記---

甘蜜瑤子さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/09/15 09:51追記---

la feminite nue(死に巫女)さん

おはようございます
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/10/29 00:34追記---

若乱さん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます

---2019/11/10 19:10追記---

日比津 開さん

こんばんは
読んで下さって、どうもありがとうございます
アメンボの句は、池のアメンボを凝視して詠んでみました。
まあ、難しかったですが、どうもありがとうございます。

訂正履歴:
孤蓬さんにアドバイスいただいて修正しました。19-8-5 5:16

Home
コメント更新ログ