生きすぎて 都市伝説の君となり/らどみ
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 源 想 
- コタロー 
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
川柳は、口語詠が基本とされます。
最近、川柳カテゴリに連投されている貴作を見ますと、「まどろみて」「我」「かな」「夢見し」など、文語表現がちらほら認められます。
>まどろみて 千里言う謡 山くだり
>命がけ、ケツカットして脱兎かな
>我思う 君がいたから 我がいる
>解かれゆく 長き夢見し マロンかな
特に、「我がいる」といった表現は、文語の一人称代名詞「我」に「~がいる」という口語の言い回しがくっついており、通常の日本語としてはありえない表現になっています。
また、「夢見し」という表現は、文脈上、完了継続の意味あいと見られる箇所に、過去回想の助動詞の連体形「し」が用いられており、文法的に適切ではありません。
なお、「長き夢見し」という表現は、いろは歌の「あさきゆめみし」という箇所を下敷きにしていると思いますが、いろは歌においてここは、過去回想の助動詞「し」を用いた「浅き夢見し」ではなく、打消しの推量の助動詞「じ」による「浅き夢見じ」です。

---2019/04/28 08:30追記---
>ご無沙汰してます。
申し訳ありません。
私は、らどみさんを存じ上げていないのですが、以前にご縁がありましたでしょうか?
らどみさんというお名前について、申し訳ありませんが、思い出すことができません。
大変失礼ながら、いつごろ、どのようなご縁であったか、お知らせいただければ幸いです。

---2019/04/28 10:07追記---
>FPOEMの頃からも、現代詩フォーラムがスタートした時からも、
ニフティサーブの頃ですか。
20~30年も前ですね。

>昔は、羅文と、名乗っていました。
>じょうじと名乗っていた事も、長くありました。
「羅文」さんはちょっと分かりませんが、「じょうじ」さんというお名前は、何となく見たことがあるかも知れないという気がします。
具体的にどのようなご縁があったのかは、まったく忘却しております。
大変申し訳ありません。

>女児、ジジ、じゃうじ、うじゃうじゃ、-略-無国籍などなどを利用してます。
申し訳ありません。
いずれも記憶にありません。

>軽蔑致しますか?
唐突な仰せですが、私が何を軽蔑するであろうとお考えなのか、解しかねます。
らどみさんがこれまで投稿された諸作品には、あまり関心が向かなかったというのが正直なところです。
貴作の内容も文体も雰囲気も、私のインタレストとは随分と距離があるように感じます。

なお、「致します」という言回しは謙譲表現ですので、これを他者の動作に用いるのは、日本語の常識的な用法から外れています。

>即興ゴルコンダで、-略-「こっちにおいで」というお題が出ています。
>-略-
>孤蓬さんと孤蓬さんからコメントを貰った方々をスカウトします。
あいにく、「こっちにおいで」という表題は、個人的に興味を引かれるものではなく、私の作風とも随分かけ離れた言葉(言回し)です。
そもそも、即興ゴルコンダという場自体、私とは異質な空間という印象です。
したがって、折角のお誘いながら、失礼いたします。

---2019/04/28 18:24追記---
>川柳の部屋は、この2か月間、殆ど、私が利用してしまっているのに、
>何故、今日、指摘してくれたのかな

「何故」と疑問に思われるような大層なことは何もありません。
GWで仕事が休みになったので、朝から「日付順文書リスト」を眺めていました。
すると、ページ(http://archive.is/izn36)の真ん中付近に、同一人物による川柳の投稿が3つ連続しているのが目に付いたため(投稿者はいずれもらどみさん)、たまたま開いてみたのでした。

そのように、たまたま覗いてみたところ、作中の言葉遣いに違和を覚えたので、貴台のプロフィールのページ(https://archive.is/GjpbT)も開いてみて、過去に投稿なさった幾つかの作品を確認し、やはり違和感のある表現が散見されたのでコメントしたのでした。

それだけです。

そもそも、「川柳の部屋は、この2か月間、殆ど、」らどみさんのみが「利用してしまっている」という認識は、まったくありませんでした。
もともと私は、川柳にはあまり興味がなく、そもそも私が川柳を詠んだこと自体無いように思います。
したがって、川柳カテゴリに注目することは、皆無なのです。

実に取るに足らない「真相」でした。どうか、悪しからず。
 
作者より:
ご無沙汰してます。
ありがとうございます。

文語と口語の垣根が壊れつつあったところなので、
ピンタを貰えた感じです。参考にさせてくださいな。
あえて楔を打ってくださり、ほんといつも感謝します。

ぐだぐだなのは、
いつも読み手側の自分としてはうんざりしてますので。

ご指摘はなるほどと思います。
「がいる」は、何処かで聞いた違和感を持ったまま、UPしました。
「我、蛙」にしようかとよぎったほどの違和感です。
貴殿の違和感とは違うものだと思いますが、ひとつの答えを貰えました。

いろは歌のところは、違和感を理解の上で書いていますね。

まあ、ネット言葉は、皆さん、即興で、音声記述で載せていると思いますんで、
私は、ガリ版刷るときは、一字一句、悩んで刷りますから、ご寛恕のほどを
---2019/04/28 08:10追記---



嗚呼、そうだ。

即興ゴルコンダで、今日の午後4時55分まで
「こっちにおいで」というお題が出ています。

世の中、折角の人生に一度有るかないかの連休中ですから、
気合いを入れて、私は、
孤蓬さんと孤蓬さんからコメントを貰った方々をスカウトします。

重い腰を上げてもらうことになるかもしれませんが、
既に沢山の予定の10日の合間に、今日の午後4時55分まで、
ひとつ即興ゴルコンダに、サプライズ参加して頂ければ、
連休中の余興、皆さま、喜ばれることと存じます。

***
http://golconda.bbs.fc2.com

---2019/04/28 08:35追記---
そうでしたね。名前を変えてました。すっかり忘れてました。
FPOEMの頃からも、現代詩フォーラムがスタートした時からも、
別号で、らどみを利用していて、らどみが、今の自分になっていました。
と言っても、昔からのポジションは、今と同じ目立たない位置にいますので、
孤蓬さんはおぼえていないのかもしれませんね。昔は、羅文と、名乗っていました。
じょうじと名乗っていた事も、長くありました。何か悪さして、名前を変えるというのでなく、
何となく、ごく自然に普通に、変えてますね。
---2019/04/28 09:15追記---

他の別号として、女児、ジジ、じゃうじ、うじゃうじゃ、蛇氏、うじ、宇治、足立、ミドラ、ドラミ、ファラドミ、Face、Am7、汗、カン、ハン、eca、無国籍などなどを利用してます。

この殆どが、孤独に打ち勝つために、
ひとり連詩というジャンルを創始しなければならなかった苦しみの過程で生まれた名前ですね。

伝統定型各種のところの
勝手にひとり半歌仙は、もちろん、
発句以外は、ひとりで歌仙を巻いてます。

軽蔑致しますか?


---2019/04/28 10:18追記---

孤蓬さんへ

ありがとうございます。
じょうじだけでも記憶の片隅にあるかもしれないだけでも感謝します。

あと、勢いで、軽蔑しますか?(致しますか?)との問いは失礼しました。

それから、川柳の部屋は、この2か月間、殆ど、私が利用してしまっているのに、
何故、今日、指摘してくれたのかなと思い、即興ゴルコンダに興味があるのか!と
勘違いして、私から声をかけてしまいました。ちゃんと断って下さり感謝します。

最後に、ニフティーの頃からいらっしゃった孤蓬さんから、コメントを貰ったので、
懐かしいお名前をみてご無沙汰してますと書いてしまった次第で、具体的なことは
私もまったくもって忘却しております。

コメントしてくださり、ありがとうございます。


---2019/04/28 19:18追記---

孤蓬さんへ

ありがとうございます。

このところ、乱れはじめていると私自身思っていました。
直さないといけないなあと、ただ、違和感があっても、
それを越えてしまう気持ちもあり、創作の難しさには、未だに
悪戦苦闘の日々です。

孤蓬さんが、重鎮として居てくれて、いつも助かっています。
現代詩フォーラムが仕事場でもないのに、違和感にコメントを
あえてしてくれて、敬意以外の気持ちはありません。

これからも、違和感がありましたら、コメントをつけていただきたく思います。
とは言っても、私は読む側の人間なので、違和感があったら、調べて分からなかったら
メールで質問してしまうかもしれません。

よろしくお願いいたします。


Home
コメント更新ログ