ほね/るるりら
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- ひだかたけし 
- たま 
- ゆうぞう 
- mizunomadoka 
- 田中修子 
- 長崎螢太 
- 石村 
純米!!
あ、吟醸でしたっけ。
- 帆場蔵人 
- beebee 
世代とつなぐ暖かい視線が素敵です。
自分は男なのでこれが親父と祖父と息子だったらどうかななんて考えました。
- 梅昆布茶 
- ツノル 

お久です。るるりらさん(メルモ)。これねえ、ユニークな表現でいいんだけど、ほね。やっぱりタイトルに不足感を持ってしまうのね。ちょっと芸を感じない。遺伝的な様相を伝えたいわけだから、できれば骨を通り越してDNAにまで遡って趣向をこらしてほしいのね。まあ、老木はそのように感じた次第でありまする。
---2019/03/26 01:21追記---
あ、そうか、ごめん、お題が「ほね」なのね。惜しいな。
---2019/03/26 01:23追記---
- 渚鳥 
- 千代弦 
- 小原あき 
- もとこ 
 
作者より:
みなさん ありがとうございます。パソコンが たちあがらないので、レスをおひとりおひとりに差し上げる気力が、いまは、ないのです。ですが、感謝しています。


---2019/03/27 14:58追記---
みなさま 返信がおくれてもうしわけありません。つねひごろ ひそかに尊敬している方のお名前もあるので すぐにお礼を書きたかったです。

- ひだかたけし様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 
- たま様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 
- ゆうぞう様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 
- mizunomadoka様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 
- 田中修子様  お読みいただきポイントまでありがとうございます。
- 長崎螢太様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。
- 石村様 純米も好きです。ありがとうございます。 
- 帆場蔵人様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。
- beebee様 とつぜん 三者のうち最年少だったときに感じたことのあることを思い出し、かなり時間が経過した今になって書きたくなったのです。同性親子の心情は複雑です。男性同士の親子関係がどうだかは わかりませんが、女性も そこそこ色々あります。ですが、たわいなく あたたかい瞬間を描きたかったので、あたたかいと言っていただけて嬉しかったです。ありがとうございました。 

- 梅昆布茶様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。

- ツノル様 をお おひしぶりです。あなたさまでしたかあ。いやあ、どうもどうも。 
題名については、この題名が、わたし自身は好きです。私には どうやら ひながな率の高い題を好む傾向が あるようです。ようは、わたしには幼稚な部分があるということだとも思われます。

実は本作品において わたしの態度としては、つたなく書きたかったんです。できれば、バカまるだしな感じに書きたかったんですよ。私の思いとは裏腹に なけなしの知性を読者に感じさせようとしている箇所があります。それは、よほど削除しようかと迷った箇所なんです。
ですが、そこを削除していたら おそらく ツノルさんのお眼鏡には すこしも ひっかからかったことでしょう。

ケガの功名でした。ツノルさんのご意見がうかがえて嬉しかったです。ありがとうございました。


- 渚鳥様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 
- 千代弦様 お読みいただきポイントまでありがとうございます。 


---2019/03/27 14:59追記---

戻る Home
コメント更新ログ