talisman♪/田島大゜揮
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 森田拓也 
こんばんは
タリスマン、ってスティーヴン・キングの小説で
ありましたよね?
関係ないかな(笑)
なんか不思議ワールド俳句で、いい感じですね。
俳句でありながら、俳句の枠を飛び越えて、
芸術創造されてるみたいな感じで、良いですね。
以下の方がポイントなしでコメントを寄せています。
- 孤蓬
>笑ゐ賭けコトバの呼氣へ血がかよう
わざとかも知れませんが、「笑ゐ」の仮名遣は誤りです。

>穢(え)自体を身罷らうと為(す)いのちかな
「為(す)」はサ変動詞の終止形ですが、この句の場合、ここでは終始しておらず、この語は「いのち」に掛っているので、連体形を用いるのが適切です。
 
作者より:
読んでいただけて、ありがとうをお伝えしたいです。

森田さんへ:スティーブン・キングといえば、

この頃は、「ダーク・ハーフ」という作家が主人公の小説の映画を観たりしていたので、
潜在意識、深層心理では、影響を受けたのかもしれませんが、
題名の、”talisman”は、純粋に、「護符、お守り、魔よけ」の意味を持たせて付けたものです。

何にせよ、この俳句を書いて、尚且つ、メッセージを戴いてから、
随分経っているのですが、この頃は、今よりも、もっと、今の生活に移行して往くのにも、試行錯誤していて、今も、なかなか生活を成立させるのは、やっとですが、
思い出すと、よくやっていたな、と、自分の頭をクシャクチャっとしたりたくなります☻

俳句のょさも拓也さんのメッセージで、マタ、綴ってみたくなってもきました。

随分遅れた返信で、申し訳ありませんが、

きっかけと、機会を与えていただいたこと感謝します₍!₎

ありがとうございます!

では!

_

孤蓬さんへ:文法への見識の(御(お))(←この場合の「御」はいるのでしょうか?)深さ、羨ましいところもあるのですが、自分は、ことばというもののルールが無いところが、魅力であるとも思っているので、このままの自分なりの我流の書き方でゆきたいとおもいます。
何にせよ、ご教授ありがとうございます₍!₎

Home
コメント更新ログ