けだもの・部屋/石村
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 鵜飼千代子 
けだものはいいけれど、恫喝する人は干したいかな。
- 秋葉竹 
- るるりら 
- st 
- 立見春香 
- あおいみつる 
- まみ 
- 腰国改修 
けだものの方が私は好きです
- 森田拓也 
こんばんは。
ひんやりとした心地良い感覚の中に、
鋭さのような感覚も感じます。
読ませていただいて、気持ちの良い詩でした。
- ゴデル 
読むことがとても楽しかったです。
- 未有花 
- ひだかたけし 
- 田中修子 
- 青の群れ 
- 白島真 
- 羽根 
- Lucy 
きれいで、若々しい詩情というものが感じられました。
- 杉菜 晃 
- 帆場蔵人 
- ヒヤシンス 
- 犬絵 
- そらの珊瑚 
- atsuchan69 
- 一輪車 
- 千代弦 
- 本田憲嵩 
- 梅昆布茶 
- 空丸 
- ダニケ 
 
作者より:
貧しい作に目を留めてくださった皆様、本当にありがとうございます。

鵜飼千代子さま、
「干したい」うーん、どなたのことなんでしょ?わたしは枯れ木のように痩せておりますので、これ以上干されると灰になってしまいます。

腰国改修さま、
>けだものの方が私は好き

なんとなく、そう仰る方が多いのではと思っておりました。私自身は「部屋」の方が気に入っております。

森田拓也さま、
いつも丁寧に読んで下さり、懇切なコメントを頂けて嬉しいです。励みに致します。

いきりさま、
お言葉大変嬉しいです。ありがとうございます。

Lucyさま、
お言葉ありがとうございます。歳を取ってくるほど抒情が若々しくなっていくとよいな、と念じております。
---2019/06/18 16:49追記---

善最ぴっきゐ様、
節目の30ポイントとなりました(笑)お励まし、感謝致します。
いまは充電中です。詩の火を絶やすことはたとえこの身がくたばってもありませんので、ご安心を(笑)
---2019/06/23 17:42追記---
追加のご感想、ありがとうございます。
ま、天才を持たぬ詩書きに出来る、これが精一杯の結果ということです(笑)

戻る Home
コメント更新ログ