詩論3  骨/一輪車
 
以下の方がこの文書を「良い」と認めました。
- 花形新次 
- Lisaco 
要するにクオリティの問題のような気がします。
プロのアナウンサーや歌手や俳優の発声や発音や表現力をもってすれば
詩は別の素晴らしいかたちに変容することもある。
私は素人朗読はカラオケだと思ってます。
- るるりら 
---2018/07/10 08:51追記---
レスを拝見しました。事態に対しては、言葉もありません。
広島の前回の災害時には、わたしの 拙詩を読んでくださっていたことを、他のサイトへの書き込みで感じさせていただいておりました。災害をきにかけてくださっていただき ありがとうございます。

本作品については、わたしが、かねがね 書いてみたいと
思っていたテーマの参考にとても なりましたので、ポイントをいれさせていただきました。
---2018/07/10 08:59追記---
- 間村長 
 
作者より:
花形新次さん、 Lisacoさん、るるりらさん
お読みくださりありがとうございます。

Lisacoさん、最近、声に関心もってます。
遠い昔に別れた人や、天国にいった人の声が聞こえるとき
それがたのしい出来事の記憶であれ、何気ない呼び声であれ、
なにかこの世のものでない哀愁を帯びている。
この世のものではないのだからそうなるのでしょうけど、これが
詩や文学、つまり書かれたことば独特の声調なんだとおもってます。

とはいえ、わたしはカルトには興味も関心もないのでご安心を。^^

---2018/07/07 18:58追記---

るるりらさん 西日本や広島はまたしても未曾有の災害ですね。
町が流されいている。犠牲者が出ないことを祈っております。


間村長さん、ありがとうね。



---2018/07/08 18:30追記---

Home
コメント更新ログ